渋谷の予防歯科でフッ素塗布と歯磨き指導を受ける

subpage01

歯科医院というと、治療の必要がある時に受診する病院のイメージがあります。



しかし欧米ではすでに予防歯科という概念が定着していて、治療が必要になる前に定期的に受診して病気を防ぐ歯科医院が主流になっています。
日本でも、予防のために定期的に歯科医院に通うという人が増えてきていて渋谷にも予防歯科のクリニックがあります。
渋谷の予防歯科では、唾液検査を実施して口内の細菌環境やバランスなどを把握した上でひとりひとりに適した間隔での定期検診を勧めています。
渋谷の予防歯科では、定期検診の際にPMTCと呼ばれる専門的なクリーニングと歯磨きの指導、フッ素の塗布を行っています。PMTCでは、超音波やジェット水流などを組み合わせて磨き残しのプラークや歯石、着色汚れのステインなどを取りのぞきます。

あなたの知らないminp!に関する詳細はこちらです。

クリーニングの後は、歯磨き指導があります。歯並びや歯の形は一人一人違いますから、効率よくプラークコントロールができる磨き方も異なります。

予防に力を入れる渋谷の歯科クリニックでは、その方に一番合った歯磨きの方法を指導しています。クリーニング、歯磨き指導の後は、フッ素の塗布もしています。



フッ素は、歯の表面に作用して虫歯菌の生成する酸に対する抵抗性を高めます。


生えたばかりの歯は大変軟らかく、酸に対する抵抗性も低いのですが、フッ素に対する感受性は大変高い時期です。


そのため、乳歯や生えたての永久歯に定期的にフッ素を塗布することで虫歯になりにくい歯質を作ることが可能です。
渋谷の予防歯科では、小児歯科の予防指導も行っています。