唾液検査でリスクを調べる渋谷の予防歯科

subpage01

歯科医院というと、治療の必要に迫られてから受診する病院というイメージがあります。

しかし、最近では治療が必要になる前に定期的にかかり病気を未然に防ぐ予防歯科の考え方が浸透してきています。


渋谷にも、予防歯科の診療を行う歯科医院があります。
歯科医院で治療する病気の代表的なものは、虫歯と歯周病です。

4meee!の最新情報を見つけよう。

虫歯も歯周病も、口の中に元々いる細菌に感染することで発症する感染症です。

ですから、いったん治療が終わっても細菌対策をしないと再び治療が必要な状態になってしまうことがあります。
渋谷の予防歯科クリニックでは、虫歯や歯周病の予防の計画を立てるにあたって唾液の検査をしています。

この唾液の検査は、ガムなどを一定時間噛んで集めた唾液のペーハーや含まれる細菌の種類や数などを調べるものです。


唾液の中に含まれる細菌環境がわかれば、その方の虫歯や歯周病のリスクが量れるので対策が立てやすくなります。



渋谷の予防歯科では、その方のリスクに合わせて適した間隔での定期検診を勧めています。
定期検診では、口腔内のチェックとクリーニングが行われます。

予防歯科でのクリーニングは、PMTCという歯科医院での専門的なクリーニングです。



PMTCでは、ジェット水流や超音波、ブラシなどを使って普段の歯磨きで磨き残したプラークや時間が経ったプラークからできる歯石などを丁寧に隅々まで取り除きます。

プラークや歯石の中には虫歯や歯周病の原因菌が大量に潜んでいますから、渋谷のクリニックで定期的にPMTCを受けることで口内環境がリセットできます。